体が硬いからこそヨガ!


イメージの訳:選択肢は2つしかない。 前進するか 言い訳するか。 


 「ヨガはやってみたいけど、体が硬いから・・」という声をよく聞きます。

せっかく「ヨガをやって!」と心が欲しているのに、残念です! 

硬いからこそヨガをやった方がいいんですよ~ 


 「身体が硬いから、ヨガをしない」というのは、「身体が汚れ過ぎているから、お風呂には入らない」と言っているのと同じだと、ネットで見ました。確かにそうですね。 

 こういう私も、今はヨガを教えていますが、恥ずかしながら、前は、体は相当硬かったんですよ!ホントに!運動も苦手ですし(現在形。今でも) 

なるべくなら体は動かしたくないタイプだったのです。・・・そんな私が自衛隊に入ってバリバリの訓練受けたり、ヨガ教えたりと、人生分からないもんです。 運動苦手な私でも、今は体がまあ、ある程度、柔らかくはなりましたが、「私にもできる、できた」という実感、ヨガは身体が柔軟な人のためだけではなく、その気になれば、誰にだって、心地よいから続けたくなる、楽しめることができる・・・というのが、ヨガの本当の良さなのです。 

 ヨガは「運動ができる、できない」、「体が硬い、柔らかい」に関係なく、どんな人にも、自分のペースで健康づくりができ、それも、体だけでなく心にも効きます。なんて万能!だからやめられない! 

 見た目のポーズのでき具合は関係ないのです。伸ばしたい部分が伸びていて、気持ちよく呼吸を味わえていて、心がいつもより静まっているか・・・が一番大切なのです。ですので、たとえ見た目のポーズがバチッと決まっていても、呼吸が浅かったり、心がざわついていたり、他のことを考えていたりでは、意味がないのです。

体が柔らかく、見た目のポーズの完成度を高めることだけが、ヨガの目的ではないんですね。 体が柔軟だと、身体的な健康も色々得られるので、もちろん、それもいいですが、ヨガの大きな目的は、まず呼吸に集中して、心を落ち着け、その落ち着いた心で、自分の本当の姿をみつけることです。 

 本当の自分ってなんでしょう?それは、本当の自分にかぶさった覆いを、タマネギの皮をむくように一枚一枚ヨガではがしていけば見えてきます。 日頃の私達の心は、色々な情報や状況に、心があっちこっち、常に動きまわって心を落ち着けることが、ほとんどできません。

インドや仏教では、心のことをmonkey mind呼びます。心があっちこっちに飛び回る猿のようだからですね。日々の雑多に流されて、色々な感情に振り回されて、「本当の自分」を見つけることが難しくなってしまっています。この忙しい猿のような心を、呼吸を使って、少しでも鎮めていくのに、ヨガはちょうどいい手段なのです。 

 ヨガは動く瞑想と呼ばれるのは、そうやって、心をちょっとでも落ち着けてくれて、心にスペースを作ってくれるからですね。”ちょっと”というのが大事です!それは、「瞑想とは無になること」と、よく聞きますが、そんな、無になんか簡単にはなれませんって!そこまで極める必要はなく、ヨガや瞑想で少しでも心のおしゃべりを鎮めることができれば、それでいいんです。 

 硬いから恥ずかしい・・・というのは、心が外に向かっているから。 クラスで、「ほかの人は、あそこまで体が曲がっている、あんなことができる」と卑屈になったり・・・または、せっかく体が柔軟で、見た目のポーズはできていたとしても、「自分はこんなポーズも、あんなポーズもできる、かっこいいでしょ!」と、得意になったりと、このように心が外に向かっていては、ヨガの効果が半減してしまいます。 

 クラス中に周りを見て、自分がポーズを「完成形のようにできない」ことを恥ずかしく感じるのではなく、そういう状況にいながらも、呼吸に集中して、自分の内側を見て、心を鎮め、呼吸と共に動いていくことが、ヨガのポーズをとりながら、瞑想状態=自分の内側に集中して、本当の自分を見つける・・・という効果が得られます。 周りを気にせず、自分だけのリラックス&幸せを、自分の内側から見出す・・・それが私が、ヨガを楽しんでやまない、ヨガの良さです!

 私達のクラスを受けて頂けると、ヨガの本当の意味が分かって頂けると思います。なるだけ皆さんに分かりやすく、ヨガの本当の意味を伝えることが、私達の使命だと思っています。 

 ぜひ、もっとたくさんの人に、ヨガで変わっていく自分の身体と心、そして人生を体感して欲しいです!本当にヨガは効きますよ♪  

自然の英語工房

佐賀・金立の心地よい自然の中で、英会話教室、ヨガ教室、アート教室、カフェイベントを開催。 2000年からワクワクを伝え続け、開校17年目。